スリーラブ本店

リーバイスコレクターのためのデニム・メンテナンスガイド


HOLDING OFF<洗濯を控えるということ>

毎週洗濯をするよりは、必要と感じるまで洗濯を控えたほうがいいかもしれません。そうしなくても、布用消臭剤を軽くスプレーしてハンガーに吊るし外気にあてれば、比較的清潔感を保てます。

しかし変化はさけられません。何度も着用すれば生地は伸びますし、デニムの見た目も変わります。この変化の良いところは、着心地の良さが増し、究極のカスタムルックと風合を作っていくところにあります。

長期間洗濯をしないなどの乱暴な着方をすれば、あなたが思い描いていた濃淡の強いジーンズの道は開けますが、蓄積した油や汗は素材を弱め、消耗させ、ジーンズの寿命を急激に短くさせてしまいます。

数時間冷蔵庫に入れると、バクテリアを殺して消臭になるという話もありますが、これはより大きな問題を回避しているだけにすぎません。

消臭スプレーは一時的な対策ですが、化学製品の使用や単純に臭いを抑えようとする事は、きれいにするという点では、当座の問題回避にしかなりません。

DETERGENT<合成洗剤>

合成洗剤の中には漂白剤を含んでいるものもあり、注意すべきです。
色合いや生地にとって敵になるものは避けましょう。

インディゴ染めを維持させる為に、水1ガロン(注釈;約4リットル)に家庭用塩やエプソム塩を混ぜて使用するなど、自作調合する方法もあるようです。
体温と同等の温水に浸して、ビネガーも少量加えると(全ての汚れのSOSに対する解決策)同じ結果が得られるという少数意見もあります。

洗剤の洗濯に関していえば、化学的知識の泥沼にはまるかもしれません。
ただし電解やPHレベル、更に陰イオン陽イオン非イオンそしてアンフィトリシア洗剤などの知識は、デニムメンテナンス分野の新しい領域に踏み出したいと思わない限り、必要ありません。

SHRINK-TO-FIT

リジット(注;未洗いの)・デニムでシュリンクトゥフィット・ジーンズ(生デニムだからといってシュリンクトゥフィットではありません)をお持ちの場合、デニムを履いて温水を溜めたバスに10分つかるといいでしょう。その後、水を抜いて立ち上がり、時間があれば着たまま乾燥させてください。これは結構役立ちます。

BY HAND<手洗い>

1. 何はともあれ、LVCのケアラベル(NOTICE)/洗濯ラベルななどに特別な取り扱い説明があるかどうかご確認ください。
2. 洗濯はデニムを変化させます。水で洗っても、多少の縮み(残留収斂)があるかもしれません。
3. 初めての洗濯の時には、石鹸を使わず10分程度、水かぬるま湯で手洗いするのがよいでしょう。仕上がりがムラにならないようデニムをゆっくりと丁寧に水の中で動かします。
4. 推奨水温は、冷たい水からぬるま湯までの間です。
水で埃と油性でない汚れが落ちます。漂白剤や酵素、その他の添加剤があまり含まれていない洗剤を少し使って、ぬるま湯である程度の油汚れは落とせます。
5. 洗濯により厳密な織工程に耐えられるよう糸に施されている糊が落ちますが、ジーンズは柔らかくなり、インディゴ染めの色落ちが少なからず進行します。
6. リジット(未洗い)・ジーンズは縮みやすい
レングス・ウエストともに、少し大きめの物を買う、というのが鉄則です。縮み始めるまでは、大体3回目の洗濯まで、慌てて裾上げを急がないで下さい。しかしその後も10回目ぐらいまでは少しづつ縮みます。最終的に10%程縮むと考えてよいでしょう。
7. もし長さは短くしたいけれど幅はそのままにしたい時は、洗濯はかなりリスキーになります。前述のシュリンクトゥフィット法で穿くのも効果的かもしれませんが、毎日の着用はどのみち、ウエストを徐々に伸ばしているということをお忘れなく。
8. 部分的に水に浸ける方法も、デニムの特定部分(例えばウエスト)を縮めるために試されています。ただし、必ずしも思い通りにいくかは判りません。
9. 洗濯後、洗剤がちゃんと落ちているか確認しましょう。脱水時、生地と形にダメージを与えてしまうかもしれませんから、水分を除くためにギュット絞りたくなる欲求に我慢してください。そのかわり、優しくマッサージして水気を飛ばしてあげましょう。時間はかかりますがデニムの為には最善です。

**SANFORIZATION**
サンフォライズとは特許取得加工で、生地を裁断前に縮めて安定させる手法です。業界では一般的に使われているこの方法、とあるジップフライモデルの収縮度を軽減するために施されました(余分な縮みでジッパーが外れることにもなる・・・)。プリシュランクに対する他のクレーム同様、軽く扱ってはいけません。多少の縮みでもリスクになります。

MACHINE
もしジーンズを洗濯機にかけるなら、色褪せを防ぐために裏返しにしましょう。温度は40℃〜60℃で、他のものとは別に、もしくは同系色のものと一緒に洗うことをお勧めします。真っ白なTシャツを鮮やかな青にしたいなら話は別ですが・・・。

DRY CLEANING
ジーンズをドライクリーニングに出すのも一つの手です、ジーンズをフレッシュに保つ、たまのご褒美としてならば長期的なダメージにはならないはずです。ドライクリーニングするジーンズに革パッチが付いていたら結果的にパッチがダメージを受ける危険性があります。革が乾ききってしまうのを防ぐ為に、オイルを擦り込むのもよいでしょう。


スリーラブ本店

THE NATURAL WAY
ジーンズに対して、急激な乾燥、日除けが必要かどうか、太陽光線や凍てつくような気候が多大なダメージを与えてしまうのではないか、などと心配する人もいます。このような事で本当にお困りならば、ジーンズを裏返しにして、穏やかな気温のところで陰干しして下さい。

TUMBLE DRYING
乾燥機はデニムを乾かすのに最適な方法とはいえません。
焦ると、必要以上に生地が縮んだり、痛んだりすることになりかねません。
デニムは柔らかくなるでしょうが、普段の着用か余分な糊を優しく洗い落とす以上に柔らかくなってしまうでしょう。

STARCHING<糊付け>
履き続けると柔なフィットになってしまうのが耐えられない人は、市販のスプレー糊や、とうもろこし/麦の糊、もっと極端な場合、砂糖水を溶いた水を使う事もあります。これらの方法を長期的に行った場合のデニム生地に及ぼす影響は、今のところ不明です。

IRONIG
たいてい、しばらく穿けばアイロンなどしなくとも、重要な部分の目障りなシワは簡単になくなります。
アイロンをするときは、できれば乾いた状態で裏返してアイロンしてください。
スチームで乾いたデニムが傷むことはありませんが、表からアイロンをかけると、色ムラになる場合があります。

STORAGE
広い意味での収納です。脱いだらその場に脱ぎっぱなしの人もいます。できるだけ穿いていない時は裏返しにして、ウエストをクリップハンガーで吊るして風を通して下さい。

REPAIRS
ちょっとしたデニムの修理はそんな驚くほどのものではありません。大抵傷むところは膝とクロッチなので、もしミシンを使えるなら、古いジーンズを切って当て布として使用してください。
この際、デニムの織目を合わせてできるだけ目立たないようにします。早い当て布でデニムの寿命が延ばせます。

BLEED
洗濯などで、淡色のものに色が移る場合があります。レザーにデニムの色がついた場合、無色の靴クリームを試してください。余程ひどくない場合は完全に落ちるとは保障できませんが、大分薄くなります。スエードの靴の場合、スエードクリーニングブロックを試してから接着テープをその部分に貼り付け、すばやく剥がしてください。ダメな場合、靴に触る裾にガッファテープを貼って裾上げすることもオプションの一つです。

ACCIDENTS
避けられないような従来の油シミの対処法はさておき、血液や赤ワインの場合、市販の染抜き剤がベストです。べったり付いたチューインガムは安全ピンで丁寧に剥がすか、もっと思い切ったことをするなら、冷蔵庫に数時間入れて、ガムが固まるのを待ってから剥がし取ります。

501 ORIGINAL BUTTON FLY
501ジーンズは、この世に存在するすべてのジーンズの原点です。伝統のスタイルに、ボタンフライ・ライン7といった仕様を崩すことなく一世紀以上にわたって、改良と革新が重ねられてきました。「原点にして頂点」それが501シリーズなのです。501にはアメリカ・コーンミルズの厳選されたファブリックしか使用することができません。

 

XX17デニムは、コーンミルズの資料室で発見された、1917年当時の糸の作り方・織り方を最新の技術で忠実に再現したスペシャルデニムです。(*当時のものは、力織機で狭幅赤耳付きでしたが、××17デニムでは、これを最新の革新織機で広幅の耳なしで対応しています。)
XX17デニムを構成する経糸には、4つの異なる太さの糸をミックスして当時のムラ感を再現し、偉糸に関してもコーンミルズの持つ特殊なムラ糸、アムスラーリングスパンを使用しています。
XX17デニム自体の重さも、今日にある14ozではなく、9ozからスタートしたリーバイスの歴史とリンクするように、未洗いの段階で11.75oz、洗い後13ozのやや軽めのジーンズとなっております。軽くて非常に穿きやすく、穿き込むごとに味の出る#XX17デニムはコーンミルズとリーバイスの歴史と伝統が一つに凝縮された、スペシャルデニムです。

スリーラブ本店 Copyrightc 2010 threelove ltd